バスマサの知っとく情報

私が恋愛出来ない理由 吉高由里子

月9ドラマ「私が恋愛できない理由」が
2011年10月スタートです。
キャスト吉高由里子
恵美の高校の後輩、小倉咲役


20代、30代独身女性の半数以上に「今、恋人が居ない」とされる現代。
急増する「恋愛できない女性」たちの、男、セックス、仕事、結婚・・・
女性が直面するすべての悩みを本音でぶつけあう!
「恋愛超氷河期」の現代に送る
「フジテレビ月9ドラマ」史上、
もっとも異色な等身大ラブストーリー。
(公式HPより)
キャスト
香里奈
おおらかで物事にこだわらないサバサバとした性格の藤井恵美役

ドラマ 相棒 10

ドラマ『相棒』、節目の“season10”が10月より放送
〜ミッチー演じる神戸の過去も明らかに

俳優の水谷豊、
及川光博が出演する人気シリーズの最新作『相棒season10』
(毎週水曜 後9:00 テレビ朝日系)が10月より放送されることが11日、
わかった。
【送料無料】相棒season9 DVD-BOX II 【DVD】

【送料無料】相棒season9 DVD-BOX II 【DVD】
価格:11,175円(税込、送料込)


節目となるシリーズ10作目に杉下右京役の水谷は
「相棒が始まった頃、
シーズン10を迎えるとは夢にも思っていませんでした。
もちろん、
いつものように神戸尊君と全力で事件解決に向かいます」
と喜びを語る。
最新シリーズでは、
及川演じる神戸の秘められた過去も明かされ、
さらに同作での出会いがキッカケで
女優・檀れいと“相棒婚”で話題をさらった神戸尊役の及川も
「いよいよですね!?
神戸尊の知られざる過去、
そして新展開にワクワクしています!
全力をつくします!!」と、
並々ならぬ情熱を燃やしている。

前回の『season9』は、
平均視聴率がシリーズ初の20%超えとなる20.3%、
今年2月23日放送の第16話「監察対象杉下右京」では
シリーズ最高の平均視聴率となる23.7%を記録するなど、
衰えぬ人気ぶりを証明。
昨年末に公開された映画
『相棒―劇場版II―警視庁占拠!特命係の一番長い夜』
では、ドラマシリーズでもおなじみの主要キャストに変化が訪れ、
今作にも大きな影響を与えている。

杉下の敵であり、
ときに味方でもあった警察庁の大物幹部・小野田公顕(岸部一徳)が
劇場版で壮絶な死を遂げ、
組織や体裁は気にせず
一貫して己の正義を貫いてきた右京にとっては後ろ盾をなくした状態。
今作では自らの信念を貫きながら
天才的頭脳を駆使しての名推理で事件捜査の限界に挑戦していく。

『season7』最終回に警察庁の上層部からの密命を受けて
警視庁・特命係に配属された及川演じる神戸。
続く『season8』の最終回では、
警察庁の壮大な構想により特命係に配属されていた
“真実”を知って警察庁に戻ることを自ら拒否。
特命係に籍を置いて右京と捜査をともにすることを選んだ。
『season9』では、
ぎこちなかった右京とのコンビも磨きがかかり、
今作では第1話から神戸の過去が詳しく明かされていくことになる。

『相棒』といえば、
右京&神戸コンビのほかに2人を取り巻く
濃いキャラクターたちも魅力のひとつ。
たびたび特命係を目の敵にする
捜査一課の3人(川原和久・大谷亮介・山中崇史)や
特命係に協力的な鑑識・米沢(六角精児)、
暇を持て余すお隣の組対五課の課長・角田(山西惇)など、
クスッと笑える愛すべきキャラクターたちの活躍は今作でも健在だ。
松本基弘ゼネラルプロデューサーは最新シリーズについて
「より多くの皆さんに楽しんでいただけるよう、
一作一作心をこめて作ります、ということです。
それが10まで支えてくださった皆さんへの誠意だと思っています」と、
初心を忘れず『相棒』の世界観を損なわない作品の提供を約束した。

初回は2時間SPで午後8時より放送。
また前作『相棒season9』のブルーレイとDVDも10月19日(水)に発売される。
ブルーレイ化はドラマシリーズで初となり、
特典映像には右京や神戸ら『相棒』キャストが出演した
『徹子の部屋』での模様などが収録される。
(YAHOOテレビGUIDEより)

全開ガール キャスト 谷花音

9月5日放送「全開ガール」
のキャスト桜川日向役谷花音ちゃんの衣装のポイントは、
なんといっても「セレブに見えること」らしいですね。
こちらのブランドを良く使われているとか


9話目の視聴率はどうなるでしょうか。
1・2・3・4・5・6・7話目の視聴率は、
14.6%→9.8%→12.7%→11.9%
→11.8%→12.5%→13.1%→10.7%と
平均視聴率は、12.2%です。
結構がんばってますよね。

9話のあらすじはこちら

鮎川若葉(新垣結衣)は桜川日向(谷花音)に聞かれ、
山田草太(錦戸亮)が好きだと認めた。
しかし、
自分の信念や夢を曲げることは出来ないから、
新堂響一(平山浩行)と結婚すると言う。
同じ頃、
草太もビー太郎(高木星来)に聞かれ、
若葉が好きだと明かした。
若葉と響一はすでに結納を交わしていたが、
若葉も草太も自分の気持ちを相手に伝えたいと思っていた。
そんな折、
若葉は桜川昇子(薬師丸ひろ子)から法律事務所のクライアントの大手商社が、
ある玩具工房のオモチャを特許侵害で訴えると聞かされ、
その準備に入った。
ところがそこは、
草太のイクメン仲間の西野健太郎(鈴木亮平)が勤める工房だった。
木製の温もりのあるオモチャを作る小さな工房が、
大きな商社により不当な製造差し止めの危機に陥っていることに、
林佐間男(荒川良々)、鶏井宏(皆川猿時)は怒り心頭。
そこで、
西野らは若葉になんとか工房を救ってほしいと頼むが、
若葉は自分は商社側の弁護士なので力にはなれないと拒否。
その後、
草太から、
本心では仲間の西野を助けようと思っているのではと聞かれるが、
若葉は戸惑いながらも手助けはできないと告げた。
さらに佐間男らは法律事務所に来て、
九条実夏(青山倫子)に戦う術を教えてほしいと直訴。
汐田そよ子(蓮佛美沙子)もそれを応援する。
そんなやりとりを見かけた響一は、
若葉に味方だと信じていいのか、
と意思を確認。
若葉は迷いながらも「はい」と答えた。
(YAHOOテレビGUIDEより)
チケットぴあ
借金問題解決のポイント QLOOKアクセス解析
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。