全開ガール 11話 - バスマサの知っとく情報

全開ガール 11話

9月19日放送「全開ガール」11話
最終回ですがとても楽しみですね。
どういう結末になるのでしょうか?
新垣結衣カレンダー


最終回のあらすじはこちら

鮎川若葉(新垣結衣)、
山田草太(錦戸亮)、
桜川日向(谷花音)は、
リリカ(浅見れいな)とニューヨークに旅立つ
ビー太郎(高木星来)を笑顔で見送った。
そんな折、法律事務所では、
クライアントの意向を受けて事務所所長を
桜川昇子(薬師丸ひろ子)から
新堂響一(平山浩行)に
交代させることについての会議が開かれた。
しかし、昇子から発表されたのは、
「鮫島桜川法律事務所」が外資系大手の
「スミス&クラーク」と合併するという知らせだった。
より世界的な事務所として生まれ変わらせた
昇子の手腕を評価したクライアントは、
昇子が事務所の全権を握ることに同意したという。
それを聞いた響一は、
事務所を辞める覚悟をするが、
昇子は響一にニューヨークの代表を任せると言い、
若葉にも現地で響一とともに勤務するよう命じた。
完全に敗北した響一は若葉に、
自分は事務所を去るから昇子の下で出世を目指すよう言い、
自分との婚約も解消しようと提案した。
しかし、いつになく弱気の響一に若葉は、
一度決めたことだから
響一とともにニューヨークに行くと答える。
同じ頃、草太は汐田そよ子(蓮佛美沙子)に、
若葉の結婚式当日に
料理修業のためフランスに発つと告げた。
そよ子が、
なぜ若葉の結婚式の日に発つのかと尋ねると、
自分がいない方が若葉のためだ、
と草太は本音を漏らした。
その言葉にそよ子はショックを受ける。
一方、若葉は迫る結婚式を前に、
自分の部屋の整理を始め…。
(YAHOOテレビGUIDEより)
ここは記事下のフリースペースです
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/225841839

この記事へのトラックバック
チケットぴあ
借金問題解決のポイント QLOOKアクセス解析
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。